株式会社AKATSUKI プロダクトプレイスメント

御社商品もあのドラマ・映画に登場
海外での
認知をあげる!
UPイメージアイコン
プロダクトプレイスメント

対応国

  • 中国
  • 米国
  • タイ

他地域も拡大中!

資料請求・ご相談はこちら

プロダクトプレイスメントとは

プロダクトプレイスメントとは、映画やドラマなどの作中に実際に存在する企業や製品を映り込ませることで、
消費者に対してより自然なイメージアップや認知向上を図る広告手法のことです。
生活する上で「あれ、この商品ってドラマで主人公が使っていたものと一緒だ!」と感じたことはないでしょうか?
このような効果があるのがプロダクトプレイスメントです。

ユーザーが様々な映像コンテンツを視聴しているイメージ画像

プロダクトプレイスメントの
強み

  • ストレスを
    感じさせない広告

    作品に映り込ませる広告のため、宣伝されている商品から目を背けられることがなく、かつさりげない形でストーリーに溶け込ませるのでユーザーにストレスなく広告を打ち出せることが特徴となっています。
    テレビCMや配信広告のように閲覧に強制力がない所もストレスを感じさせません。

  • 高い持続可能性

    近年ではドラマやアニメなどのTV番組は放送後に、映画は公開後に動画配信サービスなどで長期間配信されることが多くなっています。
    そのような特性からCMや配信広告とは違った形で、長期的かつ広範囲に商品や企業のアピールをし続けることができます。

  • ブランディング効果

    商品が作品に登場する俳優やキャラクターが使用したり、部屋などに置いてあったりすることで、ブランドイメージの向上や認知度増加が期待できます。
    また、俳優・キャラクター・作品のファンの商品購買意欲の増加が見込めるなど様々な相乗効果が期待できます。

プロダクトプレイスメントの
市場規模は

海外で拡大中

作品中のプロダクトプレイスメント イメージ

プロダクトプレイスメントの市場規模は全世界で年々上がっており、2011年73.9億ドルに対し、2019年205.7億ドルと成長著しいです。 米国・韓国・中国でも当たり前のように使用され、タイなどアジア圏でも市場が拡大しており、高い効果が見込めるマーケティング施策となっています。

プロダクトプレイスメント全世界市場規模チャート
※PQ Media調べ

プロダクトプレイスメントの
効果を最大限に引き出す

様々な使用例

  • [ ファーストフード店 ]

    タイのドラマで、主人公が所属するスポーツチームが試合に勝利した際の褒美にするなど、皆が敬愛するファーストフードとして登場させました。
    劇中では意図的に印象に残るような演出を多く行い、タイで大ヒットを生みました。

  • [ 化粧品 ]

    中国では、なんと時代劇ドラマに化粧品を登場させました。中国は積極的にプロダクトプレイスメントを組み込んでいるため、時代劇であっても世界観を壊さずに映り込ませる演出ができ、それを視聴者は受け入れ、商品は中国でヒットしました。

  • [ 自動車の機能 ]

    韓国のドラマで、車に搭載されているパークアシスト機能(ハンドル操作せずに自動で駐車スペースに止める)を、主人公が使用しながら自慢するシーンとして演出しました。俳優が人気だったこともあり、機能の認知度向上に大きく貢献しました。

当社が
プロダクトプレイスメントを

提案する理由

海外制作会社とのパイプがあります

弊社が日本が世界に誇る産業であるアニメ、漫画、ドラマ、映画などの放映権、翻案権 (リメイク権) などの獲得支援、コンサルティングなどローカライズプロデュースをしています。
そのため、海外の制作会社にコネクションがありプロダクトプレイスメントの交渉が可能です。(中国本土、香港エリア、タイ、アメリカで対応が可能です。※対応エリアは拡⼤予定)

ローカライズ
プロデュース実績

  • F4 Thailand / Boys over flowers
    ©️神尾葉子・集英社/GMMTV
    作品名
    花より男子 
    作者 神尾葉子
    タイ作品名
    F4 Thailand / Boys over flowers
    許諾者
    株式会社集英社
    内容
    タイ人キャストによる実写ドラマ
    日本国内配信
    2021年12月18日よりCSテレ朝にて放送スタート。U-NEXTにて配信中。
  • 棋魂
    ©️ほったゆみ・小畑健 / 集英社
    ©️BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.
    作品名
    ヒカルの碁 
    原作 ほったゆみ / 作画 小畑健
    中国作品名
    棋魂
    許諾者
    株式会社集英社
    内容
    中国人キャストによる実写ドラマ化
    日本国内配信
    2022年5月13日よりRakuten TVにて配信スタート。

作品のご紹介から可能ですので、お気軽にご相談ください

さらに
海外進出イメージ

販路開拓・拡大のお手伝いも可能です

上海、香港に支社があるので中国本土のサポートが可能。タイもパートナー企業があるためサポート対応可能です。
今後もエリア拡大をしていきますのでご相談ください。

お問い合わせ
資料請求