Creare A New Standard

TOP > SERVICE [事業紹介] > アイトラッキング(視線動向調査)

Service|事業紹介、良いモノを「良い」と伝えるお手伝いをするのが私たちの事業です。あらゆるサービス、組織、人そして社会の「成長エンジン」となることを目指しております。

アイトラッキング(視線調査)

アイトラッキング(視線調査)イメージ

アクセス解析では見えないサイトの課題を可視化する手段

視線調査は、心理学や認知科学などの研究分野でも用いられる、
ユーザーの顔や眼球、角膜反射を赤外線でとらえて、視線の動きをトラッキングする科学的な手法です。
当社では、その手法をWEBサイトのアクセシビリティ調査に用いることで、御社の運営されるWEBサイトが
「目的をはたすことができているか」をリサーチします。

アウトプットイメージ


  • PCサイト
    アウトプットイメージ・PC
  • スマートフォンサイト / アプリ
    アウトプットイメージ・スマートフォン
  • パンフレット / フライヤーなどの印刷物
    アウトプットイメージ・印刷物

調査方法

専用の調査機器を用いて調査を行います。WEBサイトだけではなく、動画、画像、アプリなどの調査可能です。
※A4サイズ程度であればポスターやパッケージなども調査可能です。

  • トラッキング装置イメージ・PC
  • トラッキング装置イメージ・スマートフォン
  • トラッキング装置イメージ・印刷物

活きたWEBサイトを目指すその他のサービス

モニター調査

調査モニターを一般から募集しての調査となります。
様々な性年代別、細かい属性の設定をした調査が可能となります。
また、費用に応じて大人数での調査も可能となります。
例)都内在住の40代~60代で美容に興味のある女性

アンケート調査

アクセス解析結果で滞留時間が長いページがあった場合、アイトラッキング調査だけではその理由は判断ができません。興味をひかれ読み込んでいた可能性もあれば、内容が分かりづらかった可能性もあります。そこで、「コンセプトを理解できたか」等のアンケートを実施することで、多角的に調査を行うことが可能となります。

調査レポート・改善提案

視線調査結果とアンケート調査結果を合わせた、調査レポートをご提出致します。また、調査によって見えた改善点に対して具体的な改善のご提案をさせて頂きます。改善策の実施をしたら終わりではなく、本当に改善されたかの調査、改善策の再実施~といったPDCAを回した長期的なご支援も可能です。

ABテスト

視線調査にて発見した改善点に対し、複数の改善案をご提示しABテストの実施が可能です。
ABテストに関してはアクセス解析ツールや再度視線調査を実施することでどちらが優れているかを導き出します。

アイトラッキングについての詳細はこちらから

ご要望に応じて、柔軟な対応が可能となりますので、まずはご相談下さい。

こちらから

Topへ